スライド2.PNG

不正アクセス、顧客情報漏洩、営業秘密の侵害など組織は様々な情報セキュリティのリスクに晒されています。これらは、刑事・民事を問わずすべて法的な対応が必要となります。そための根拠を探し出し、保全するのがデジタルフォレンジックです。

デジタルフォレンジックは、ただ高度な技術を持っていればいいというものではありません。フォレンジックの結果が法廷に提出され、そこで行われる厳しい吟味に耐えうるものでなければならないのです。C.A.T.では、元警視庁のサイバー犯罪捜査官が陣頭指揮を執り、高い技術力はもとより、法的な要件を考慮した証拠保全、解析から報告(鑑定)書の作成を行い組織の自衛に貢献します。